[K-POP] “歌の王”チョ・ヨンピルの新譜発売でファンが長蛇の列

“歌の王”チョ・ヨンピルの新アルバムの発売で、ソウル市内に長蛇の列ができた。

23日早朝から、ソウル鍾路(チョンノ)の永豊(ヨンプン)文庫本店にはチョ・ヨンピルの新しいアルバムを購入しようとおよそ500人のファンが長い列をつくり市民の足を止めた。

1人2人と集まった人々は午前10時が近づくと500人を越え、付近のビルまで300メートルほどの列を作った。チョ・ヨンピルのファンクラブ「偉大な誕生」「未知の世界」「エターナリー」の会員らを含んだファンは、ここでチョ・ヨンピルの直筆サインCD450枚が先着順で販売されるという便りを聞いて集まった。このため音源が活性化した昨今ではめったに見られない珍風景が演出された。

過去には歌手のソ・テジが新しいアルバムをリリースするとレコード店の前に列ができたものだが、それも数年前の状況だ。このため今回のことは“歌の王”の絶対的な威厳を見せた出来事だった。
一方、チョ・ヨンピルは10年ぶりにオリジナルアルバム19集『Hello』を引っさげカムバックした。16日に先行公開された『Bounce(バウンス)』はPSY(サイ)に真っ向からぶつかって音源チャート1位を占めるなど底力を発揮した。



Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 04月 23日 16:28