[K-POP] ワールドツアーのG-DRAGON、ドラマチックな成功の歴史

グループBIGBANG(ビッグバン)のG-DRAGON(ジードラゴン)が、3月30、31日にソウルオリンピック公園体操競技場で開催された『2013 G-DRAGON WORLD TOUR:ONE OF A KIND』をスタートさせて6カ月間続くワールドツアーの旅路についた。

G-DRAGONの成功の歴史はドラマチックだった。1995年に人気グループRoo‘Raの子供バージョン「コマRoo’Ra」(注:コマとは韓国語で小さな子供の意味)のメンバーとして歌謡界に入門した。以後SMエンターテインメントで5年間の練習生生活を送り13歳で“2001ヒップホップフレックス”アルバムに参加して今のヤン・ヒョンソク代表に出会った。YGエンターテインメントとの契約は、才能あふれたラッパーの夢に翼がついた。その後BIGBANGを結成して韓流をリードしていくトップ級のアイドルグループにのし上がった。本人は歌手の役割を超え、韓流を導くプロデューサーとして活躍する成長を遂げた。

そしてG-DRAGONの目標は世界へと向かった。すでにBIGBANGは昨年ワールドツアーを行って全世界で80万人の観客動員に成功した。G-DRAGONは今回のソロ・ワールドツアーを通じて、1995年から積み上げてきたものを思う存分発揮する計画だ。

今回のソロ・ワールドツアーは、韓国と日本を含む計8カ国13都市で26回にわたって繰り広げられる。計55万人の観客動員が予想される本当の意味でのワールドツアーに出るG-DRAGONの率直な心境が、25日に発売される韓流雑誌『K&』5月号で紹介されている。『K&』5月号にはこのほかにも東京ドームに入城したJYJ、15周年記念コンサートを開くSHINHWA(神話)、俳優のキム・ガンウとキム・ボムの演技対決、2PM(ツーピーエム)の酔中トークなどホットなニュースが満載だ。


Copyright 中央日報日本語版 2013年 04月 23日 16:16