[K-POP] 歌手イ・ヒョリ、より深くなったスモーキーメイク…カムバックのヒント?

歌手のイ・ヒョリ(34)がカムバックのヒントを公開して“クイーン帰還”を知らせた。

イ・ヒョリは22日、ツイッターに「I used to be the sweetest girl ever. till I found out being the baddest girl was better(私はスイートな女になろうとした。悪い女になる方がマシだと分かる前までは)」というコメントが書かれたティーザー写真を公開した。

写真の中でイ・ヒョリはこれまで見せてきた姿と大きく変わるところはない。ただ少し深くなったスモーキーメーキャップと顔のラインに沿って流れているヘアスタイルに自然と視線がひきつけられる。写真よりもコメントの方が意味深長だ。スイートな女になろうとしたが悪い女の方がマシだということが分かったという意味によって、今回のコンセプトが“悪い女”ではないかと推測される。

23日正午にはカムバックのティーザー映像が公開される。この映像は「何してるの? ヒョリ」というテーマでそれぞれ5つの異なるコンセプト(レディー・ユニーク・バッド・ホリデー・ライク)で同時公開される。

所属事務所側は「2010年に4枚目のオリジナルアルバム以降、久しぶりのカムバックなので、およそ1年のアルバム準備製作期間を経て完成度の高いものをお見せできるように努力した」と説明した。

一方、イ・ヒョリは来月中旬ごろに新しいアルバムをリリースする。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 04月 23日 16:11