[K-POP] SUPER JUNIOR、韓国グループ初ブラジル単独公演・・・8千人の熱狂、140人が救急室へ

韓国歌手史上最大規模の南米ツアーに乗り出したSUPER JUNIOR(スーパージュニア)がブラジルで初公演を成功で終えた。

23日、SUPER JUNIOR所属事務所SMエンターテイメントは21日、ブラジルサンパウロで開催された『SUPER JUNIOR WORLD TOUR『SUPER SHOW 5 IN SAO PAULO』が8,000人余りの現地ファンたちの歓声の中で行われたと明かした。

今回の公演は韓国グループ初のブラジル単独コンサートであり、SUPER JUNIORが南米で披露する初の単独公演として早くから全席完売を記録するなどファンたちの爆発的な反応を予告していた。

SUPER JUNIORはこの日ステージでデビュー曲『Twins』から『SORRY、SORRY』『MR,SIMPLE』『美人(BONAMAMA)』などのヒット曲パレードとアルバム収録曲ステージ、ユニットステージなど全24曲のステージを披露した。

また南米ファンのために特別に準備したブラジル歌手ミシェル・テロの『Ai se eu te pego』ステージが繰り広げられ、メンバーたちが一生懸命練習したポルトガル語で現地ファンたちと更に親密に交流した。

SMエンターテイメントは「熱く駆けまわった公演の雰囲気のために失神したり、車いすに乗せられ運ばれるファンたちが140人近くいた」「現地医療チームも初めての事だとSUPER JUNIORの人気に驚いていた」と伝えた。

SUPER JUNIORは「南米ツアーのために25時間飛行機に乗って来た。デビューの時はブラジルで単独コンサートをするなんて想像も出来なかったが、ずっと新たな記録を打ち立てられるようにしてくださるファンの皆さんに本当に感謝します」とブラジル公演を終えた感想を伝えた。

ブラジル公演を成功で終えたSUPER JUNIORは23日、アルゼンチン ブエノスアイレスで南米ツアーを続ける。

写真=SMエンターテイメント提供



Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 04月 23日 18:11