[K-POP] 歌手チョ・ヨンピルの新曲に日本メディアも相次ぎ報道

日本メディアが先を争って歌手チョ・ヨンピルのが新曲『Bounce(バウンス)』で韓国内のチャートで1位に入ったニュースを報道した。

20日、サンケイスポーツとニッカンスポーツなど日本の有力メディアは、共同通信を引用しながら「1980年代に『釜山港へ帰れ』が日本でもヒットしたスター歌手のチョ・ヨンピルの新曲が、韓国で発表直後から大きなブームとなり『歌の王の復活』と話題になっている」と伝えた。

続いて「これは昨年ダンス曲『GANGNAM STYLE』が世界的にヒットした歌手PSY(サイ)の新曲『GENTLE MAN』を抑える勢いで、新旧スターの激突も関心を集めている」とし、「チョ・ヨンピルの新曲『Bounce』は、16日ネットで公開され、翌日には韓国内の各種ヒットチャートで1位を獲得した。チョ・ヨンピルの新曲がチャート1位を獲得するのは22年ぶり」と報じた。

一方、チョ・ヨンピルは16日午前0時に10年ぶりに新曲『Bounce』をリリースした。オリジナルアルバム19集に収録されているこの曲は、PSYの『ジェントルマン』を抑えて17日午後には8つのチャートでトップに登場した。歌手生活45年目のチョ・ヨンピルがトレンディーな若い歌手が制圧している音源チャートで1位を獲得して世間の耳目を集中させている。チョ・ヨンピルは23日にオリジナルアルバム19集の発売記念ショーケースを開き、5月31日まで全国ツアーコンサートを行う。



Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 04月 22日 16:11