[K-POP] LADIES CODE、世界的ジャズピアニストと幻想的なコラボレーション

新人ガールズグループLADIES CODE(レディースコード)が世界的なジャズピアニスト チョ・ユンサンとのコラボレーション映像を公開し話題だ。

LADIES CODEは19日、公式YouTubeを通じてデビューアルバム収録曲『Dada La』のジャズバージョンライブ映像を公開した。

今回のコラボレーションは普段からジャズ音楽に関心があったLADIES CODEがチョ・ユンソンと出会い、自分たちのアルバム収録曲である『Dada La』を聞かせてくれ、編曲を提案し実現化した。

ジャズピアニストチョ・ユンソンはベルリン音大、ニューイングランド音楽団、セロニアスモンクジャズインスティチュート等の名門音大を経て、現在まで4枚のアルバムを発表し活動中の作曲家兼ピアニストとして、イタリアのジャスフェスティバル、セントルシアジャズフェスティバルなど各種有名ジャズフェスティバル参加はもちろん、ハービー・ハンコックら有名ジャズミュージシャンとセッションする世界的なミュージシャンだ。

映像でLADIES CODEはチョ・ユンソンのピアノ伴奏とジャズミュージシャンたちの演奏に合わせ『Dada La』を熱唱している。特に新人らしからぬ歌唱力とジャズに似合う魅力的な声色で驚くほどの解釈で見る人々の目と耳を奪った。

映像に接したネットユーザーたちは「完璧に芸術だ」「新人なのにとても素晴らしいですね」「素敵なコラボレーション」「ジャズクラブに来ているような感じ」など熱い反応を見せた。

LADIES CODEは21日SBS『人気歌謡』ステージを最後にデビュー曲『悪い男』活動を終える。

写真提供=ポラリス



Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 04月 19日 14:12