[K-POP] PSY『ジェントルマン』、ビルボードメインチャート12位…「1位も時間の問題」

“国際歌手”PSYが新曲公開1週間で米ビルボードのメインチャート12位に入った。

ビルボードは17日午前(米国時間)、オンライン版を通じて18日に発表予定の主なチャートの変化について予告し、”K-POPスター”PSYが12位に順位を上げたことを知らせた。昨年発表した『GANGNAM STYLE』がHOT100チャート入りを果たした当時に記録した64位よりはるかに高い順位だ。

ビルボードは「13日に音源をリリース後、2日で有料ストリーミング回数が860万回を記録し、米国内では1位を占めた。『ジェントルマン』の音源は2万7000件のダウンロードがあった。1週間の有料ストリーミングや音源販売などの成績が出る来週にはトップ10入りは可能だろう」と見通した。

続いて「現在YouTube(ユーチューブ)で『ジェントルマン』のプロモーションビデオが1億2500万回の再生件数を記録中だ。掲載初日は1890万回を突破した」とし「『江南スタイル』はHOT100で7週間2位を記録し、450万件のダウンロードがあった」と説明した。

所属事務所関係者は「PSYが今週末に米国へ向けて出国し、現地の放送番組に出演するなど新曲プロモーション活動を行えば、いろいろな分野の順位がさらに上昇するものと期待している」と明かした。

ビルボードはニールセン・サウンドスキャンを通じたシングル販売量とデジタル音源ダウンロード、有料ストリーミング、ニールセンBDSを通じたおよそ1000社の放送局での放送回数を合算してHOT100チャートの順位を決めている。

今週のHOT100の1位はP!NKの『ジャスト・ギヴ・ミー・ア・リーズン』。『ジェントルマン』は英国(UK)シングルチャートで61位に入ったほか、米国iTunesのシングル総合順位「TOP10 SONGS」チャートでは10位に入った。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 04月 18日 17:37