[ドラマ] 俳優イ・スンギの登場でドラマ『九家の書』が連日視聴率上昇

俳優のイ・スンギが視聴率に魔法をかけた。

イ・スンギが主演を演じているMBC(文化放送)の月火ドラマ『九家の書』は、16日の放送で15.1%(ニールセンコリア)で自己最高視聴率を記録し、月火ドラマの1位固めに入った。同時間帯に放送されているキム・テヒ主演のSBS(ソウル放送)『張玉貞(チャン・オクジョン)、愛に生きる(以下、張玉貞)』(7%)の2倍以上高い数値だ。この日キム・ヘス主演のKBS(韓国放送公社)第2テレビ『職場の神』(14.2%)も0.9%ポイントの差で退けた。

8日の初放送で同時間帯最下位でスタートした『九家の書』は、主演のイ・スンギの登場と同時に視聴率が上昇気流に乗り始めた。イ・スンギが初めて登場したのは15日の放送。この日はイ・スンギが扮する半人半獣「チェ・ガンチ」とスジが扮する武芸の教官「タム・ヨウル」の運命的な出会いを描き、視聴率は13.6%まで一気に跳ね上がった。初放送よりも2.4%ポイントも高い数値だ。視聴率だけでなく、演技力も優れているとの反応を得た。イ・スンギが初めて時代劇の演技に挑戦するということで放送序盤から心配する声があったのは事実だが、肩の力を抜いた自然な演技で好評を引き出した、特にスジとの神経戦ではひょうひょうとした表情を浮かべる演技がとりわけ際立っていた。これは『張玉貞』を通じて初めて時代劇に挑戦したキム・テヒの不自然な話し方などの理由で演技力が問題視されていることと対照的な姿だ。イ・スンギは今回の時代劇で演技の幅を広げることに成功したと評価されている。

イ・スンギの所属事務所側は「同じ所属事務所の先輩俳優イ・ソジンから時代劇特有の話し方や抑揚などについての指導を受け、ドラマやキャラクターへの集中度を高めた。またイ・ソジンが『九家の書』の演出を手がけているシン・ウチョル監督とドラマ『恋人』(06年)ですでに息を合わせていて、撮影前にイ・スンギに多くの助言をした。そのおかげでイ・スンギがドラマ撮影にすぐに適応することができた」と説明した。

また初めて挑戦するアクション演技も目を引いている。彼は撮影前に3キロの減量を行い、高難度のアクション演技も軽々とした体さばきで無難にこなしている。所属事務所側は「自然なアクション演技のために体重を落とした」とし「今後、派手なアクションシーンがたくさん登場する予定だ。期待していてほしい」と伝えた。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 04月 18日 17:30