[芸能] オ・サンジン、キム・アジュン-チュウォンと『百想芸術大賞』MC抜擢

フリーランス宣言したオ・サンジン前MBCアナウンサーが第49回『百想芸術大賞』司会者に選定された。MBC退社後司会者として初復帰の舞台だ。

16日、オ・サンジンの所属事務所プレインTPCは「タレント オ・サンジンが来月9日、ソウル東大門区(トンデムング)慶煕(キョンヒ)大学校平和の殿堂で開かれる第49回『百想芸術大賞』でキム・アジュン、チュウォンと共に進行を務めることになった」と明らかにした。

MBC公採アナウンサー出身のオ・サンジンはこれまで報道と教養を担当し、放送人として多様な姿を見せてきた。2008年『大韓民国 映画大賞』で客席とステージ狭しと行き来し授賞式の司会者としての面目を見せており、今回の授賞式でも安定した進行を披露するだろうと期待される。

オ・サンジンは「意味のある授賞式に参加することになり嬉しいです」「授賞式の主人公はステージに上がられる方々だ。プレゼンターと受賞者が緊張しないようソフトな雰囲気を作り、最善をつくします」と感想を伝えた。

オ・サンジンはケーブルチャンネルMnetのダンスサバイバル『ダンシング9』を通じて放送活動を再開することが分かった。オ・サンジンはメインMCとして予選から生放送決選まで、全日程を共にし番組を先導する予定だ。

写真=CJ E&M提供



Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 04月 16日 15:57