[K-POP] CNBLUE、初のシンガポール単独コンサート“大盛況”

CNBLUE(シーエヌブルー)が初のシンガポール単独コンサートを成功裏に終えた。

CNBLUEは13日午後7時、シンガポールのインドアスタジアムでコンサーと『2013 CNBLUE WORLD TOUR-BLUEMOON』を開催した。青い照明の中から舞台の上に登場したCNBLUEは、1曲目『Where You Are』から『Get Away』『One Time』まで3曲を立て続けに演奏し、6500人の観客を熱狂させた。シンガポールで人気のミニアルバム『Re:BULE』の収録曲を歌ったときには、観客が歌にあわせて歌いながら大声で歓呼した。

CNBLUEはシンガポールのファンのためにサプライズイベントも行った。ジョン・ヨンファとイ・ジョンヒョンがシンガポールのファンに伝えたい言葉を歌詞にした歌を披露。ジョン・ヨンファはイ・ジョンヒョンのギター演奏に合わせて「今夜のことは忘れられない。私たちをずっと待っていてくれたことに感謝したい。今夜は私たちにとって、特別な思い出になる」と歌った。カン・ミンヒョクとイ・ジョンシンも英語でシンガポールのファンに感謝の気持ちを重ねて伝えた。

最後の曲『Try Again, Smile Again』では、6500人のファンが一斉に「会いたかった」と書かれたプラカードを挙げてメンバーを感動させた。

一方、6日の台湾に続いて13日のシンガポール公演を成功裏に終わらせたCNBLUEは、5月4日にタイのバンコク公演と10、11日には香港公演を引き続き行い、ワールドツアーの日程をこなしていく予定だ。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 04月 15日 14:06