[K-POP] ジェジュン、アジア6都市ツアー終了『4万人のファンに夢見心地の時間をプレゼント』

「話す言葉は違うがファンたちは私の歌で私の感情を感じられると信じてます。ありがとう」

歌手で俳優のジェジュンが台湾公演を最後にアジア6都市ツアーを成功裏に終えた。

ジェジュンは1月、初ソロミニアルバム発売後、国内で行った初のソロアジアツアー公演『Your,My and Mine』を皮切りに、タイ、中国(上海・南京)、香港、台湾で公演を行い、全6都市で3万8,000人あまりのファンに忘れられない思い出をプレゼントした。

13日、台湾大学体育館で行われた公演には4,000人のファンたちが参加しジェジュンを応援した。以前よりも明るい姿のジェジュンが登場するなりファンたちはずっと歓声を送り、公演が行われている間中、ジェジュンの笑顔が見えると更に熱い反応を見せた。

ジェジュンは今回アジアツアーでファンたちのジェジュンに対する質問を本人自ら明かすミニコーナー、クイズショー、スピードクイズ、自ら料理するプログラムを通じて、約120人のファンたちを直接ステージ上に呼んでファンミーティングを行い、アーティストとファンがひとつになって楽しむ時間を過ごした。

ジェジュンがロッカーに変身したミニコンサートの反応は更に熱かった。ファンたちは華麗なロッカーの姿に魅了されたようにミニコンサートが行われている間中、歓声がやまなかった。ジェジュンは「僕らが話す言葉は違うけれど、ファンの皆さんは私の歌で私の感情を感じられると信じています。ありがとう」と話し、アジアツアー終了の名残惜しさを慰めた。

今回アジアツアーのハイライトであるジェジュンと観客が一緒に歌う『守ってあげる』が始まるや、台湾のファンたちも正確に韓国語歌詞を歌い始めた。『守ってあげる』はミニコンサートパートでもジェジュンのファンたちへの愛情が溢れだす部分で、ジェジュンと観客たちが一小節、一小節一緒に歌い、ファンとアーティスト全てに意味深い時間だ。アジアツアーのどの国でもファンたちは韓国語歌詞を正確に歌い、関係者の視線を集中させた。全てのアジアツアー会場で公演前から『守ってあげる』を歌うための『韓国語講座』が目立ち、『守ってあげる』に対するファンたちの愛情を垣間見ることが出来た。

ジェジュンは1月17日デビュー後初のソロミニアルバム『I』を発売し、ソロアルバム『I』とリパッケージアルバム『Y』は累積販売量20万枚を記録した。



Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 04月 15日 13:50