[芸能] チュウォン、「『1泊2日』漢方茶はどんな味? ただ吐き出したい味」

『良薬は口に苦し』という言葉がある。しかし『キツイ』にもほどがある。俳優チュウォンが漢方茶の味について『吐き出すような味』と表現した。

漢方茶とはKBS2『ハッピーサンデ--1泊2日』でラッキーアンラッキー、あるいは罰則アイテムとして使われている漢方茶だ。健康には最高の効能があるが、言葉にできない苦痛の苦みでメンバーたちが嫌がるアイテムだ。しかし皮肉にもそれを飲んだ時のメンバーたちの表情が毎回予測不能の笑いを披露するので、制作陣が外せないアイテムに選んでいる。

毎回挑戦するお茶だが、いつもみんな同じように見せる表情からその味が気になって仕方ない。チュウォンは最近江原道(カンウォンド)MORNING CALM VILLAGEで行ったインタビューで「漢方茶は本当に飲んだら吐き出したくなる味だ。とても口にできない味だ」と説明した。

チュウォンは「多くの方々がお茶の味が気になるようだが、それは『苦い』基準を超えた味だ。もちろん人によって受け取り方が違うだろうけど、私の基準では飲んではいけない味だ」と打ち明けた。

チュウォンは『1泊2日』への愛情も隠さなかった。忙しいスケジュールによって体力的にもしんどい日があるが、それでもむしろヒーリング効果を受けるという。

彼は「『1泊2日』をやるといいのは素敵な風景を見られるということだ。大部分の人は死ぬまでにこんなたくさんの旅行は出来ないと思うんだが、私はその点においてもとてもラッキーだったと思う。最近旅行しながら「韓国にこんな美しいところがあったんだなぁ」と再度感じて心が癒されている」と伝えた。

『1泊2日』はユ・ヘジンが新たなメンバーに合流し、7日雰囲気を刷新に乗り出した。

チュウォンは「私も経験してみて初撮影の感じはよく知っているんだがヘジン先輩が上手く適応しているようだ。初めて来て、チームを融和させる姿や、一生懸命やろうとする姿が見えるので、ありがたい限りだ。ヘジン先輩も私たち6人に初めてなのによくしてくれてありがとうとおっしゃった」と話した。



Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 04月 15日 13:35