[芸能] リュ・シウォン「妻、結婚初期から離婚を計画。数十億要求」公式立場表明に衝撃

離婚訴訟中のリュ・シウォンが12日、妻の持続した争いに対し、自重を要求した。

リュ・シウォンの所属事務所は公式報道資料を通じて「娘の未来を本当に心配しているのなら、離婚訴訟で財産分割を有利に導くためのいくつかの刑事訴訟と、数々の悪意的な攻勢をこの辺りで止めなければならない」と重ねて要請した。これに「この要求にもこのような刑事訴訟を続けるのなら虚偽告訴罪で対応する」との立場も打ち明けた。

公式立場

ひどい気持ちを禁じ得ません。私の娘だけは傷つかないことを切に望んだが、私の娘には脅迫犯、破廉恥な父となってしまいましたね。

今回のことと関連し、相手側は結婚当初より離婚する計画を継続し、争ったあとこれを隠れて録音し一部の有利な資料のみを選び録音を作成、脅迫容疑訴訟を提起したものです。悪意的で意図的な行動に言葉もなく、怒りを超え哀れな気持ちを禁じ得ません。

相手側が起こした数々の計略と無理な法律訴訟は次の通りです。始めは意図的に起こした訴訟で優位になろうと通信照会を申請したが、意図ととした事実がなかったため特別に出てくるものはありません。

そうすると、離婚事件でさえも主張しなかった暴力で刑事告訴を起こし、これもやはり一度も暴力行為の事実がなかったので警察で無嫌疑意見を受けました。今回は脅迫罪、不法装置による位置情報収集を主張しています。

私と家族を愛するのではなく、財産を愛するのではないのかと疑念が湧きます。数十億ウォンの財産分割を要求し、このためであればどんな事でもするというのが相手側のやり方のようです。財産のため多分な意図的、悪意的行動に改めて哀れさを感じます。

一体どれだけ不要不急な事を行わなければならないのか再度問いたいです。

一方、ソウル江南(カンナム)警察署は12日「夫人のチョさんの車両を一追跡し脅迫した容疑によりリュさんを起訴意見で検察に装置した」と明らかにし、論争を起こした。

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 04月 12日 18:00