[ドラマ] コ・ヒョンジョン、『女王の教室』出演確定・・・カリスマ女教師に変身

俳優コ・ヒョンジョンが3年ぶりにお茶の間劇場に帰ってくる。今回も『カリスマ』と共にだ。

12日、コ・ヒョンジョンの所属事務所IOKカンパニーによると、コ・ヒョンジョンはMBC新水木ミニシリーズ『女王の教室(原題)』の出演を確定させた。

『女王の教室』はクラスを支配する女教師とクラスの生徒たちの1年間に及ぶ闘争を描いた内容で、コ・ヒョンジョンは切られても一滴の血も流れないような冷酷さと近づきがたいカリスマを持つ悪魔のような女教師マ・ヨジンとして登場する。

コ・ヒョンジョンは前作のMBC『善徳女王』、SBS『大物』などの作品でもカリスマ溢れる女性の姿を描き出したが、『女王の教室』では前作のキャラクターとはまた違う姿を見せてくれる覚悟だ。

所属事務所関係者は「今までの学園物とは違う新しいスタイルと新鮮なコンセプトが込められたドラマで、新鮮さを感じ一度もやったことがない女教師キャラクターに特別な魅力を感じて、この作品を選択した。また、大勢の子供たちと共演する作品なので本人の期待も大きい」とコ・ヒョンジョンが作品に格別な愛情を持っていると伝えた。

合わせて「現在の歪んだ教育方針といくつもの問題を抱えている子供たちの姿をありのままに映し出し、子供たちだけでない我々社会すべてに悟りを与えてくれる意味あるドラマになるだろう」と自信を見せた。

『女王の教室』は現在放映中の『男が愛する時』後続で6月中旬放送予定だ。

写真=IOKカンパニー




Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 04月 12日 15:26