[K-POP] YG、オーロラワールドと全世界コンテンツライセンス契約締結

YGエンターテイメントが世界的なキャラクターコンテンツ会社であるオーロラワールドとライセンシングエージェント業務契約を結び、エンターテイメントコンテンツを利用する新たな試みに乗り出す。

YGエンターテイメント(以下YG)ヤン・ミンソク代表理事は10日YG本社で、オーロラワールドのチェ・ヨンイル代表とYGファミリーの全世界商品権利に対するライセンシングエージェント契約を締結した。

本ライセンス契約は全世界の人々を熱狂させるYGのエンターテイメントコンテンツとオーロラワールドの世界的なキャラクター商品製造およびライセンシングノウハウの出会いで、今まで試みられなかった様々な商品群にエンターテイメントコンテンツを融合させ、グローバル5万ヵ所のネットワークを通じて全世界を対象に販売とマーケティングを展開する予定だ。

YGはPSY(サイ)、BIGBANG(ビッグバン)、2NE1(トゥエニーワン)を筆頭に音楽、公演、ミュージックビデオなどエンターテイメント分野に新しく差別化されたコンテンツを作りだし、アジア市場はもちろん、米国、ヨーロッパなど全世界市場でも脚光を浴びている国内最高のエンターテイメント企業との評価を受けている。

オーロラワールドもマクドナルドとヨーロッパ40ヵ国6,000店舗で行われている代表的な子供メニューであるハッピーミールセットプロモーションに自社の有名TVアニメーションキャラクターを使用し、Co-promotionを展開しヨーロッパの消費者から高いブランド認知度を確保している。

業界では今回の契約を通じて魅力的なコンテンツ製造専門家であるYGとコンテンツを融合させ商品企画する専門家であるオーロラワールドという二つの韓国の代表的会社が、各自の核心力量を通じて相乗効果拡大に乗り出すという意味から、これから展開されるビジネスの方向に関心と期待が高まっている。これは韓国K-POPの世界的なブームを体系的な商品化事業として発展させる意味ある第一歩になるであろう。

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 04月 11日 17:23