[K-POP] ペク・アヨン、ペク・チヨンの後を継ぐか・・・『男が愛する時』OSTを歌う

清らかな声の主人公ペク・アヨンが先輩歌手ペク・チヨンに続く『OST QUEEN』の座に挑戦状を出した。

ペク・アヨンは10日正午公開されるMBC水木ドラマ『男が愛する時(原題)』OST PART1に参加した。

今回初めて公開される『男が愛する時』の1stタイトル曲『恋愛学概論』は内面に傷を持った男ハン・テソン(ソン・スンホン)がソ・ミド(シン・セギョン)に自分と似ている姿を発見し、初めて愛する感情を感じながら、ぎこちなく愛する感情を表現する2人の主人公のラブテーマだ。

『恋愛学概論』はオ・ジュンソン作曲家と明るく純粋な声が魅力的なペク・アヨンがコラボレーションした曲で、劇中主人公の切なく、哀切な愛の表現が極大化されている。

作曲家オ・ジュンソンは『広告の天才、イ・テベク(原題)』『フルハウスTAKE2』、『信義』『シティーハンター』『花より男子~Boys Over Flowers~』『検事プリンセス』『マイ・ガール』などのドラマOSTを担当しヒットさせた音楽監督だ。沖縄、シンガポールから招待されドラマコンサートを成功裏に行った韓流音楽監督の代表選手だ。今回『男が愛する時』の総音楽プロデューサーを担当し、オ・ジュンソン印OSTは再びドラマヒット神話を続けていくと思われる。

ペク・アヨンはSBSオーディション番組『K-POP STAR』出身で、デビュータイトル曲『遅い愛』は全てのオンライン音源チャートで1位を記録するなど完全制圧を達成し話題を集めた。とびぬけた感受性で注目を浴びているペク・アヨンは春の日の初恋のようなフィーリングを新人らしからぬ感性で表現し、これからが更に期待される歌手として、ドラマとOSTに対する関心を同時に集中させることが予想される。


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 04月 11日 14:22