[K-POP] ク・ヘソン、ミュージックビデオに続き自作曲まで・・・『幸せだっただろうか』ソ・イングクニューアルバムにプレゼント

俳優ク・ヘソンが自作曲をソ・イングクにプレゼントした。

11日、ク・ヘソンの所属事務所YGエンターテイメントは「ク・ヘソンが作詞・作曲した新曲『幸せだっただろうか』をソ・イングクのニューアルバムのためにプレゼントした」と明かした。ソ・イングクはこの曲を11日ニューシングルとして発表する予定だ。

ク・ヘソンは自作曲が収めれれた小品集と自身のシングルを発表したことはあるが、外部アーティストに曲を提供したのは今回が初めてだ。

ク・ヘソンが作詞・作曲し、チェ・ウンヨンが編曲した『幸せだっただろうか』は別れた恋人の感情を歌詞とメロディーに込めた。「あの時僕が君に愛していると言わなかったら僕らは幸せだったかな」という歌詞にソ・イングクの甘いボーカルが加わった。

ク・ヘソンは「今回の曲を通じて愛していた人と別れ、感じる思いを、一番後悔した言葉を書いた」と明かした。

ク・ヘソンはソ・イングクに曲をプレゼントした以外にも11日公開されるソ・イングクのタイトル曲『笑って泣いて』ミュージックビデオに出演した。『笑って泣いて』ミュージックビデオはナオルの『風の記憶』を演出したソン・ウォンヨン監督がメガホンを取り、ク・ヘソンは公開されたティーザー映像でソ・イングクとバックハグをするなど実際のカップルのような姿を見せ話題を集めている。

写真=ルーンコミュニケーション提供

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 04月 11日 14:20