[芸能] チュウォンが記録した3年成長日記、これは嘘ではない[インタビュー]

過去3年間休みなく走って来た。それにも関わらず疾走本能は変わらない姿だ。放送デビュー作である『製パン王 キム・タック』から今回終了した『7級公務員』まで、彼のフィルモグラフィーは『千変万化』できちんきちんと積み重ねられている。この信じられない成長ドラマは次を気にならせる予測不可の妙味がある。これ以降はどんな展開になるだろうか。ためらいのない疾走の中で、すでに3年間ドラマを引っ張って来た俳優チュウォン(26)にその答えを尋ねた。

9日午後、江原道(カンウォンド)MORNING CALM VILLAGEで出会ったチュウォンはドラマ『7級公務員』を終えた後遺症からまだ抜け出せない様子だった。それほど一度作品に没頭すると、その愛情からキャラクターを可愛がるのだ。今回の作品を通じて出会った『ハン・キルロ』もそうだった。


「まだ私が『キルロ』みたいな行動をするのをみると、自分でも驚きます。口をとがらせたり、ソウォン(チェ・ガンヒ)の前でした行動がまだ残っています。撮影しながらしたゲーム、こういうものは終わっても手放せないのを見ると私がこれまで「キルロパターンに馴染んでいたんだな」と思います」

俳優のイメージを作るのはまさにキャラクターの力だ。今回の作品で出会ったハン・キルロは俳優チュウォンのイメージを一層明るく変えた。

「作品毎に学ぶことが非常に多いです。『製パン王 キム・タック』『烏鵲橋の兄弟たち』『カクシタル(原題)』、そして映画が2本を終えたあと演技的な成熟感を感じました。だけど『7級公務員』を終えた後は自由さを感じたようです。演技ももっと自由に私の想像力を広げながらすることができたし。もしかしたらガンヒ先輩の影響が大きいかも知れない。どうであれ今回もプラス1になったようです」


俳優は作品を離れる時、万感の思いが交差するものだ。しかしこれはまた新たな成長をする過程であり、だから受け入れるしかないことなのだ。チュウォンは『夢を見る』と言った。一作品、一作品終わるたびに成長する夢を。彼に今回の作品を終えた感想を聞いた。

▶『7級公務員』が終わってからどうしていた?

滞っていたCFを撮って、『1泊2日』の撮影をしている。広告は新しいものではなく以前から契約していたものが撮れないでいたものです。

▶ドラマが序盤がいい評価を受けたからか、回が進むほど物足りなさを残した。本人もそうなのか?

視聴率について物足りなさはあるだろうが、思ったより無いようだ。以前の作品の視聴率がとてもよく『7級公務員』視聴率が良かった時よかったと思いました。スタッフたちが「チュウォンが出ると本当に視聴率がいい」と冗談を言ったりもした。視聴率が落ちたら気が重いだろうなと思ったが、いざ落ちてみると別に大したことなかった。「落ちたな」これが全てでした。力が抜けることもなかったし。視聴率に対する考えを捨てることが出来たのも俳優同士で幸せに笑いながら撮影できたからじゃないかな。

▶チェ・ガンヒと別れるのはとても惜しかったようだ。

とても残念だった。最終回放映の翌日が『1泊2日』の撮影だった。ユ・ヘジン先輩の初撮影で、統営(トンヨン)に行かなければならなかったので、夜中3時に準備しなければならなかったのに、席を立てなかった。別れるのがとても惜しくて、作品が終わったら会えなくなるわけじゃないんだが、気持ち的にそうだった。終わってもよく連絡しているし、一度集まるつもりです。今回の作品を通じてガンヒ先輩に会えて幸せだった。

▶チェ・ガンヒとのラブシーンの呼吸はどうだった?

お互いすごく恥ずかしがった。ここで口を動かすかどうか、そういう事まで話をしながら決めた。作品も作品で、キャラクターもキャラクターだがお互いをよく配慮した。私の感情のままやれば先輩が嫌がるかも知れないし、合わないかもしれないからお互いに対して配慮をした。監督が注文したこともあるが、先輩と私でたくさん話ました。ガンヒ先輩自体がとても可愛くて、愛らしさがある。私が想像していたより可愛らしく映ったシーンが多かった。先輩の純粋な想像が大きな助けになったようだ」

▶これまで演じてきた役が千変万化だった。役に対する欲があるようだが?

キャラクターに変化を与えようと作品を選ぶのではないです。
もちろん役柄の幅が大きかったのはある。今回こう言う姿を見せたので次は違う姿を見せなければならないわけではないが、欲はあるようです。ハン・キルロはキャラクターで行くことにして、イ・ガンドは重厚感だが両方とも面白かった。

▶キム・アジュンと撮る『ONLY YOU』撮影に入る。ドラマ、映画、バラエティーまで休みなく仕事をしているが大変じゃないか?

新しい作品を準備していてときめいているし、万感の思いも交差する時です。今回の映画もちゃんとできるかとも思うが、ときめきが大きいほど楽しみです。

写真提供=Simエンターテイメント 場所提供=MORNING CALM VILLAGE(www.morningcalmvillage.com)




Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 04月 11日 13:38