[芸能] 未成年者性暴行容疑の韓国歌手、懲役・電子アンクレット…控訴するか?

未成年者性暴行およびセクハラ容疑が持たれている歌手コ・ヨンウクに、懲役5年と電子アンクレット(GPSアンクレット)着用10年が宣告された。

ソウル西部地方裁判所刑事11部ソン・ジホ判事は10日午前10時30分、裁判所の303号法廷で開かれた“コ・ヨンウク事件”の宣告公判で「被告人(コ・ヨンウク)を懲役5年に処し、被告人に対する公開情報を7年間情報通信網を通じて公開する」として「(コ・ヨンウクに)10年間、位置追跡電子装置(電子アンクレット)の着用を命じる」と宣告した。

ソン判事はコ・ヨンウクに対して「有名芸能人として青少年の関心と羨望、好奇心の対象になるということを利用して犯罪を犯した。青少年を何度も自分のオフィステルに連れて行って犯罪を犯したことから見て、偶発的だと見るのは困難だ」として「先立って類似の事件で調査を受けている過程で再び犯罪を犯した。自制力が不足しているとみられるだけでなく、一部の被害者には責任まで押し付けている」と評した。

さらに電子アンクレット着用の有無については「再犯の危険評価尺度結果によれば、コ・ヨンウクの点数は中間だが、中間で最も高い点数だ。精神病質者選別検査(PCL-R)でも再犯危険性が中間で現れた」として「被告人は同種の前科がないが、この事件の犯罪自体が2年にわたって成り立っており手段が類似している。性犯罪の初犯ではあるが習癖や再犯危険性があるとみられる」として着用命令を宣告した。

コ・ヨンウクは今回の宣告に従わない場合、宣告日から7日以内に控訴することができる。彼は昨年12月ソウル西大門区弘恩洞(ソデムング・ホンウンドン)で帰宅中の女子中学生Aさん(13)を自身の車に乗せて体を触るなど計3人の女性に対する性暴行およびセクハラ容疑が持たれている。

Copyright 中央日報 /中央日報日本語版 2013年 04月 10日 14:55