[K-POP] T-ARA、4人組ユニットになって5月にカムバック

T-ARA(ティアラ)が5月1日に4人組ユニットとしてカムバックする。

T-ARAの所属事務所は9日、「ヒョミンが6日、スタイリストやスタッフとともに日本に出国し、舞台衣装やジャケット写真の衣装・アクセサリーを購入して7日帰国した」と伝えた。

T-ARAの初ユニットは、ウンジョン・ヒョミン・ジヨン・アルムの4人がメンバーとして構成されている。タイトル曲『田園日記』で、人気作曲家のイダンヨプチャギ(二段横蹴り)と初めて息を合わせた。ヒップホップ的な要素が加えられたファンキーで強烈なダンス曲で、パフォーマンスやファッションなど、T-ARAのこれまでのステージとは違う新しい一面を披露する予定だ。

ドラマ『田園日記』のメインテーマをモチーフに、思い通りに行かない日常からの逸脱に憧れるすべての人の気持ちをストレートな歌詞で表現している。年配世代の懐かしさを刺激するだけでなく、老若男女が楽しく聞ける曲になると事務所は伝えている。

一方、T-ARAのカムバックタイトル曲『田園日記』の音源は5月1日に公開される。

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 04月 09日 15:49