[映画] クォン・サンウ-セシリア・チャン主演『7日間の恋人』が韓国でも上映決定

クォン・サンウが中国人女優のセシリア・チャンと共演した中国映画『7日間の恋人(原題)』が、今月25日に韓国でも公開される。

同作は、クォン・サンウの初中国進出作。旅行中にいなくなった財閥の跡取り娘である恋人を探しているクォン(クォン・サンウ扮)は、ある日フラワーショップで働く彼女とそっくりな女性を見つけ、恋人の代役を依頼することから物語が始まる。セシリア・チャンは劇中、財閥の跡取り娘とフラワーショップを経営する貧しい女性を演じ、1人2役に挑戦している。

クォン・サンウはジャッキー・チェンと出演した『ライジング・ドラゴン』に続いて再び中華圏スターと撮影した映画を上映させることになった。クォン・サンウは「『7日間の恋人』は、中国で初めて撮影した映画」とし「すばらしい女優と一緒に仕事ができ、楽しい時間だった」と伝えた。
 
『7日間の恋人』は、中国深センと香港でオールロケーションで撮影された。スタンリー・クワン監督が製作し、プーン・ユンリョン監督が演出を手がけた。これに先立ち、中国全域の4,000館以上の劇場で大規模に公開され、好評を得ている作品だ。

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 04月 09日 10:17