[芸能] キム・テウ『膝打ち導師』電撃出演...『その冬』真の俳優が来る

俳優キム・テウが『膝打ち導師』に電撃出演する。

キム・テウは9日、一山(イルサン)MBCドリームセンターで行われるバラエティ番組『黄金漁場-膝打ち導師』収録に臨む予定だ。

キム・テウは最近人気裏に終演したSBS『その冬、風が吹く(原題)』(以下その冬)でオ・ス(チョ・インソン)を苦しめる暴力団チョ・ムチョル役を演じ、鳥肌の立つ熱演を披露した。なにより話題になったのはそんな彼の名前の前に『特別俳優』という修飾語がついたとの事実。これにより放送後、彼には『真の主人公』との勲章まで授与された。

キム・テウの『演技概論』は『膝打ち導師』でありのまま繰り広げられる模様だ。1996年KBS2期スーパータレントとしてデビューしたキム・テウは低予算、主、助演に拘らない俳優として定評がある。この日彼の俳優としてのはっきりとした演技信念と共に3作品を共同作業したホン・サンス監督との特別な縁、そして『その冬』ノ・ヒギョン作家に対する信頼など多様な話を聞かせる予定だ。

それだけでなく普段接することのない彼の人間的な話も集中的に披露する。初恋の人を妻にしたロマンティックな家庭での意外な姿と現在俳優として活動中の弟キム・テフンまで、家族の話も正直に打ち明ける。

番組のある関係者は「キム・テウさんは誰よりも演技に対し確固たる信念を持っている真の俳優だ。彼の足跡を振り返る十分に意味のある時間になると思う」と話した。

キム・テウが出演分は4月中に放映される予定だ。

写真=キム・ビョングァン記者、MBC提供

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 04月 09日 15:53