[K-POP] 2PMバンコクコンサート成功...「ニックンの故郷、特別な国」

2PM(トゥーピーエム)が9日、バンコクのインパクトアリーナで開かれたアジアツアーコンサート『What time is it?』を成功裏に終え、熱い熱気でバンコクを包んだ。

6日、バンコクへ出国した2PMは2PMを歓迎するために空港に集まった現地ファンたちの熱烈な歓声の中タイに入国し、7日記者会見とハイタッチ会を行った。

2PMは記者会見場を訪れた80社余りのマスコミと150名近い取材陣達の熱い熱気の中、和気あいあいとした雰囲気で話を進めた。特にタイ人メンバーのニックンがいるため、メンバー全員がタイ語で挨拶と感謝の言葉を伝えた。

その後バンコクのシーアムセンター広場で開かれたファンたちとのハイタッチ会はイベントに参加するファン300人以外にも広場を一杯に埋めたファンたちでコンサートを彷彿とさせた。

イベント会場はもちろん、近くのショッピングモール入口と地下鉄駅陸橋など、イベント会場が見えるすべての場所をファンたちがぎっしり取り囲み、タイ現地での2PMの人気を実感させた。

数千名のファンたちの愛に驚いた2PMもイベントの最初から最後まで笑顔でファンたちと交流していたとの話だ。

9日バンコク最大の公演会場インパクトアリーナは1万名あまりのファンたちの熱い歓声で埋め尽くされた。メンバーたちは現地で愛されている歌をスペシャルステージで披露した。

現地有名アルバムレーベル関係者たちや広告業界の上層部関係者たちが会場を訪れ、現地有名芸能人たちもこのコンサートを観覧していたことが分かった。

2PMは「タイはメンバーニックンの故郷でもあり、僕らにとっても特別な国だ。ファンの皆さんの大きな愛と応援にいつも感謝し、心がとても温かくなる。素敵な時間をプレゼントしてくださるタイのファンの皆さんに深い感謝の気持ちを伝えます」と感謝の言葉を述べた。

2PMは5月の国内カムバックを準備して最中だ。

写真=JYPエンターテインメント提供

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 04月 09日 14:01