[ドラマ] 月火ドラマ3波戦『職場の神』 vs 『チャン・オクチョン』 vs 『九家の書』 ドングリの背比べ

KBS、MBC、SBS地上波3社の新月火ドラマ大戦成績表が公開された。

9日、視聴率調査会社AGBニールセンメディアリサーチによると8日放送のKBS『職場の神(原題)』は12.3%(以下全国基準)の視聴率を記録し、月火ドラマ大戦で1位を占めた。その後に続き、この日初放送を迎えたSBS『チャン・オクチョン、愛に生きる(原題)』(以下チャン・オクチョン)とMBC『九家の書(原題)』が11.3%、11.2%の視聴率だった。

『職場の神』は1日初放送され『万年契約社員』社員ミス・キム(キム・ヘス)と正社員チャン・キュジク(オ・ジホ)の葛藤と対立が本格的に繰り広げられ、着実に視聴率上昇の勢いを見せている。第1話8.2%、第2話8.6%に続き、8日放送には12.3%を記録し、前回放送に比較し3.7%ポイントも上昇した。

日本のドラマ『ハケンの品格』を原作にした『職場の神』は、タイトルロール キム・ヘスのコミカルでありながらカリスマ溢れる演技で固定視聴層を継続して維持し、新たな視聴者が流入する傾向にある。

しかし『チャン・オクチョン』と『九家の書』の反撃も侮れない。この日初放送となった『チャン・オクチョン』と『九家の書』は『職場の神』とそれぞれ1%、1.1%ポイントの僅差で視聴率2位、3位を記録した。

11.3%の視聴率を見せる『チャン・オクチョン』はキム・テヒの時代劇挑戦で話題を集めた。すでに9回もお茶の間で稀代の女性チャン・オクチョンは扱われ、チョン・インファ、チョン・ソンギョン、キム・ヘスなど韓国トップ女優達の演技力が光を放ち、毒々しいチャン・ヒビンを描写し好評を得た。

そのためこの日初放送されたキム・テヒ印のチャン・ヒビンに対し関心が降り注いだ。キム・テヒはこれまで優れた美貌に比べ、2%足りない演技で物足りなく感じる俳優でもあった。

この日の初放送では『演技力論争』という汚名を洗い流す機会を作ったとの好評が相次いでいる。特にチャン・ヒビンをファッション感覚と才能を持ったデザイナーとして描いた新しいアプローチもキム・テヒの演技力を補うポイントに作用したとの解釈だ。

『九家の書』は月火ドラマ大戦で最下位を記録したが、十分にひっくり返せる視聴率を得た。1位とは1.1%、2位とは0.1%という僅差を見せ、逆転のチャンスはいくらでもあることを知らせた。

『九家の書』は半人半獣として生まれたチェ・ガンチ(イ・スンギ)が人間になるために繰り広げるスペクタクルで軽快な武狭活劇。智異山(チリサン)の守護霊ク・ウォルリョン(チェジ・ンヒョク)と人間界のユン・ソファ(イ·ヨニ)の運命的な初めての出会いが描かれた。チェ・ガンチが誕生する背景でもあった。

神獣のタブーを犯した2人の切ない愛のストーリーはチェ・ガンチがなぜ半人半獣になるしかなかったのかを明快に洗練されたストーリーで解き明かし、これからの展開に期待を持たせた。

また『九家の書』はファンタジー時代劇を標榜するだけに映像美と優れたグラフィックデザインで生動感溢れるシーンを描き、視線を集中させた。多彩な映像美に目が離せなくなるとの好評が続き、ファンタジー時代劇に対する期待を高めている。

地上波3社の月火大戦で『職場の神』がまず笑った。しかし『チャン・オクチョン』と『九家の書』がしっかりとしたストーリーと面白いエピソードを用意してその後を追っているだけに視聴率戦争の結果を予測するのは難しい状態だ。果たして最後の勝者は誰になるのか、視聴者の関心を集中させている。

写真提供=KBS、MBC、SBS、eNEWS DB

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 04月 09日 13:56