[K-POP] 新人女性グループGI、G-DRAGONのMV盗用疑惑

ボーイッシュさを打ち出してデビューした新人女性グループGI(ジーアイ)が、G-DRAGON(ジードラゴン)のミュージックビデオ(MV)を盗用した疑惑をかけられている。

ハヨン・ワンキャット・ウンジ・アイ・アラムの5人からなるGIは、今月3日にデビューシングル『Beatles(ビートルズ)』をリリースした新人グループだ。デビュー後6日目にして、尊敬する先輩歌手のG-DRAGONのMVを盗用したとの疑惑が巻き起こった。

ネットユーザーは特に2場面を指摘している。GIのMVでシリアルが灰色から蛍光色に変わる場面がG-DRAGONのMV中でステーキの色がモノトーンから赤色に変わる場面からもってきたと思われる部分だ。またボクシング場面で登場する衣装や音楽スタイルまでそっくりだという誤解も招いている。
ネットユーザーは「認めるものは認めろ。新人グループが盗用などとは」「後で放送局で会ったら謝罪を」などと色めき立っている。オンラインでコメントを掲載するにとどまらず、GIの所属事務所にも抗議の電話をかけるなど憤怒が収まらない。

所属事務所のシムトンエンターテインメント側は、この盗用疑惑について「特定の画面をキャプチャしたものだけを見て盗用だというのなら、ミュージックビデオのほとんどが盗用に該当する。GIはこれまでのガールズグループと差別化に重点をおいて企画したグループ。全体的なところを見て判断してほしい」と明かした。

一方、GIの新曲『ビートルズ』は、リリースと同時に歌はもちろんMVも話題に上がっている。短いヘアスタイルやボーイズグループ顔負けのキレのある群舞で目を引いている。強烈なラップと歌も男性グループに引けを取っていない。公開5日目でYouTube(ユーチューブ)の再生回数が18万回を突破し、人気を集めている。

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 04月 08日 16:50