[K-POP] G-DRAGON・キム・ジェジュン…アジアの週末を熱く沸かせたK-POP

BIGBANG(ビッグバン)のG-DRAGON(ジードラゴン)、JYJのキム・ジェジュンなどK-POPスターらがアジアの週末夜を熱く沸かせた。

G-DRAGONは6日、日本の福岡ヤフーオク!ドームでワールドツアー『2013 G-DRAGON WOLRD TOUR:ONE OF A KIND』の初海外公演を開催した。『Heartbreaker』『One Of A Kind』『火をつけてみろ』などヒット曲バレードを披露して現地ファン5万を熱狂させた。今回の福岡公演には、チームメンバーのSOL(ソル)がサプライズゲストとして舞台に上がり、G-DRAGONとともにBIGBANGのヒット曲『Bad boy』を熱唱し、公演の最後まで一緒にコンサートを盛り上げた。G-DRAGONの今回のワールドツアーは6月末まで行われる。

キム・ジェジュンは今月6日、中国南京市オリンピック体育中心でおよそ4,000人の中国ファンに会った。この日の公演『Your,My and Mine in Nanjing』は、キム・ジェジュンがJYJの一員として4月2~4日、東京ドームでの3回公演を終えた直後に開かれた。所属事務所のCJeS(シージェス)エンターテインメント側は「キム・ジェジュンはハードなスケジュールの中でも、最上のコンディションでファンに忘れることのできない思い出をプレゼントした」とその雰囲気を伝えた。

韓国バンド初の大規模ワールドツアーに突入したCNBLUE(シーエヌブルー)は、初公演を盛況裏終えた。今月6日に台湾台北アリーナでワールドツアーのスタートを切ったCNBLUEは、1万1,000人の観客を魅了した。所属事務所側は「台湾ファンは雨が降るという悪天候にも、公演スタート4~5時間前から公演会場周辺をいっぱいに埋めた」と伝えた。台湾公演を盛況裏に終えたCNBLUEは、13日にはワールドツアーの次なる公演地・シンガポールで引き続き公演を行う。5月にはバンコク・香港・ソウルで、6月にはシドニー・フィリピン・中国北京公演を開催する予定だ。

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 04月 08日 08:57