[K-POP] ビルボードがG-DRAGONのワールドツアーを絶賛

米ビルボード誌がG-DRAGONの新曲とワールドツアーに集中的にスポットを当てた。ビルボードはこのほどG-DRAGONの初めてのソロワールドツアー「2013 G-DRAGON WOLRD TOUR:ONE OF A KIND」と新曲『ミチGO』を紹介した。先月30日と31日にソウルのオリンピック公園体操競技場で開かれたソロワールドツアーに対し、「目が飛び出るほどものすごい小道具と数多くの衣装、LEDスクリーンで輝く映像ビジュアルなどマイケル・ジャクソン水準の公演だった。G-DRAGONは『Heartbreaker』『One Of A Kind』など自身のヒット曲を2時間にわたり疲れたそぶりも見せずに歌った」と伝えた。

G-DRAGONワールドツアーのクリエイティブディレクターのトラビス・ペインとステイシー・ウォーカーのインタビューも共に報道した。ステイシー・ウォーカーはG-DRAGONについて、「ある時はマイケル・ジャクソンのようである時はレディー・ガガのようだ」と絶賛した。ジェフ・ベンジャミン記者は新曲『ミチGO』を「するりと耳に入ってくるダブステップブレイクダウンが印象的な歌」として大きな関心を見せた。

ソウル公演を成功裏に終えたG-DRAGONは6日に福岡・ヤフオク!ドームでワールドツアーの熱気を継続した。

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 04月 07日 09:49