[ドラマ] ヘス・テヒ・スジ、世代別美女の「お茶の間攻略武器は?」(2)

▼キム・テヒ
2000年代を代表する「コンピュータ美人」。ソウル大出身「オムチンタル(完璧な娘)」と呼ばれ知的な魅力まで備える。最近、歌手RAIN(ピ)との熱愛事実を認めて「ゴムシン(恋人が兵役中)スター」という修飾語まで得た。2000年テレビCMでデビューしたが、演技者として認められるほど、引き立って見える作品がないというのが惜しい。

出演作:『張玉貞、愛に生きる』
役柄:王室の服やふとんを作る針室女官ながら身分制を克服して堂々と自らの人生と愛を切り開く張玉貞。粛宗(スクジョン)役ユ・アインとラブラインを描く。
戦略:デビュー初の時代劇というだけでも視聴者たちに「新鮮さ」を贈る。今まで他の作品の中での張禧嬪(チャン・ヒビン)キャラクターとは違い、朝鮮時代のファッションデザイナーとしての人生にスポットをあてる予定で、自然に差別化された演技を見せることができる。華やかな韓服や装身具で披露する「極強」美貌も期待される。
強み:キム・ジミ、イ・ミスクらに続く「9代目張禧嬪」を引き受けて、放送前から話題作りに成功。RAIN(ピ)と熱愛宣言後、初の出演作品でより一層注目度を高めた。2%不足した演技は華やかな衣装と優れた美貌で補うことができる。
弱点:劇中のラブラインを描くパートナー、ユ・アインとの年齢差が心配だ。ユ・アインよりなんと6才年上。細かいシワや小さいほくろまで全て見える画質の良いテレビでユ・アインと同年代のように見えるには粘り強い管理が必要だ。
▼スジ
1990年代荒っぽくて清純だったキム・ヘスの2010年バージョン。昨年、映画『建築学概論』以来、「国民の初恋」で呼ばれて人気上昇傾向を継続している。歌・演技・ダンスの実力が優れて自然美人という点で広告界が注目するブルーチップ。最近1年間に撮った広告だけでも16本だ。
出演作:『九家の書』
役柄:半人半獣として生まれたチェ・カンチ(イ・スンギ)と恋に落ちる武芸教官ダム・ヨウル。
戦略:踊りで鍛練された柔軟さと長くて細い腕・足を振り回して派手なアクションシーンを見せる予定。「見どころ」を多く提供して視聴者たちの耳と目を一度に引きつけるが出来る。今まで「清らかさ」だけ強調したとすれば今回は強靭な魅力まで披露して武芸教官としての堂々とした姿を魅せる。
強み:『ドリーム・ハイ』『ビッグ』『建築学概論』などを通じて演技の基本技を硬く確かめて初めての時代劇だが、安定した演技力が期待される。 前作で見せたイメージと180度異なる今回のキャラクターまでうまく消化すればドラマ放映終了後「20代を代表する」演技者としてしっかりと位置づけることができる。
弱点:放送前から期待値がとても高い。ドラマ『ドリーム・ハイ』でドラマデビューした後ずっと上昇の勢いに乗っていて、今回のドラマでスジの活躍に関心が集まる状況。負担感を払い落とすのが重要だ。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 04月 05日 14:22