[芸能] チ・チャンウク「交通事故で流血…こんなふうに死ぬんだと思った」

俳優のチ・チャンウクが交通事故に遭った当時、死の恐怖を感じたと告白した。

チ・チャンウクは3日放送されたMBC(文化放送)のバラエティ番組『黄金漁場-ラジオスター』で、「昨年、交通事故に遭って救急室に運ばれた。車が廃車になるほどの大きな事故だった」と話した。

続いて「一度くらい死について考たことはあるか」とのMCの言葉に「血がたくさん流れた。当時、あまりの痛さに死を感じた。人はこんなふうにして死ぬんだと思った」と打ち明けた。

チ・チャンウクは昨年2月、自身が乗車中の車両がソウル江南区新沙洞(カンナムグ・シンサドン)の交差点でダンプカーと衝突して事故になった。額にケガを負ったチ・チャンウクは事故後、すぐに病院に運ばれた。

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 04月 04日 17:09