[K-POP] 東京は今JYJの波? 東京ドーム公演ホットな余波

グループJYJ(ジェイワイジェイ)が首都東京のあちこちに姿を見せている。もちろん実際のメンバー出没ではなく、プロモーションポスターを通じてだ。

これは4月2日~4日まで3日間、15万人の観客を動員するJYJ単独コンサート『2013 JYJ Concert in Tokyo dome-The return of the JYJ』の影響だとの分析だ。

3日現在東京ドーム周辺にはJYJ公演を宣伝するビルの大型垂れ幕を始め、現在日本で人気裏に放映されているユチョン主演のドラマ『屋根裏部屋のプリンス』とジェジュン出演ドラマ『Dr.JIN』、映画『コードネーム:ジャッカル』宣伝ポスターも一緒に掲載されている状況。

街の陳列台に置かれた韓流雑誌の表紙はもちろん、JRの昇降口壁面まで、隅々まで隠されたJYJメンバーの姿を見つけるのはそれほど難しくない。

特に東京の韓流タウンとして有名な新大久保は更に熱気が熱い。各店にはJYJ特集コーナーが準備されており、街の広告看板にJYJの姿がある。

新大久保で韓流ショップを経営しているアキバさん(38)は「JYJが一番人気のあるグループだ。3年間活動していなかったが、全ての商品が一番の売れ行きだ。今回の東京ドーム公演を迎えて各ショップが先を争ってJYJイベントや特集コーナーを準備しているが反応は熱い」と雰囲気を伝えた。

渋谷にある大型CDショップもやはり状況は変わらない。JYJ関連商品があちこちで目に付き、メンバーたちが表紙を飾っている雑誌が目立つ所に陳列されている状態。

このような現地の雰囲気と関連し、今回のJYJ東京ドーム公演を主催するキョードー横浜の代表は「裁判で勝訴したのでこれからのJYJ日本活動に大きな期待を寄せている」と今後の活動に対し強い期待感を見せた。

4月2~4日の3日連続で開かれるJYJ東京ドーム単独公演『2013 JYJ Concert in Tokyo dome-The return of the JYJ』は2010年6月の東京ドーム公演以来だ。今回の公演は、3日間合計15万人​​規模になり、チケット申し込み者数が3倍になるなど爆発的な関心を見せ全席売り切れた。

結局最終日の公演を東宝シネマ、ワーナーシネマなど日本全域113ヶ所の映画館のスクリーンで生中継される予定だ。これにより、JYJ、東京ドーム公演を観覧するファンは、日​​本現地で総21万人に達するものと把握されている。

写真提供=C-JeSエンターテインメント

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 04月 04日 13:42