[K-POP] JYJ、日本活動再開の第一歩…東京ドームで3年ぶりの公演

東方神起から分離して結成されたグループのJYJが、3年ぶりに東京ドームの舞台に立った。

JYJはこれまで日本国内の専属マネージメント権を所有していると主張している大型企画会社avex(エイベックス)側の活動妨害によって公演会場の交渉が困難を極めるなど、過去3年間にわたって日本での活動を制限されてきた。

しかし今年1月、東京地方裁判所がavex側にJYJの日本国内の独占マネージメント権を主張しないようにとする命令を下し、JYJは日本活動を再開できるようになった。今回の『JYJ concert in Tokyo Dome The return of the JYJ』は、日本活動再開の第一歩と見ることができる。

2日から4日まで行われる今回のコンサートのチケット15万枚は、発売が開始されると同時にあっという間に売り切れた。実際、公演初日には5万人が観客席をいっぱいに埋めたと日本専門メディアのJPニュースが3日、報じた。

この日JYJは、約3時間半の間、普段の公演よりも多い26曲を熱唱した。日本ファンも大きな歓呼で彼らの歌に応えた。また最終日の4日の公演の様子は、日本全国の映画館でリアルタイムで中継される予定だ。

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 04月 03日 16:04