[K-POP] G-DRAGONの多国籍ファン、米の花輪9.9トン寄付…「スケールが違う!」

歌手のG-DRAGON(ジードラゴン、25)のファンが米の花輪9.9トンを寄付した。

BIGBANG(ビッグバン)のG-DRAGONの多国籍ファンは、先月30、31日にソウルオリンピック公園体操競技場で行われた彼の単独コンサート『2013 WORLD TOUR:ONE OF A KIND』に大規模な米の花輪を送り、G-DRAGONを応援した。

体操競技場の内外部をいっぱいに埋めたコメの花輪は合計9.9トンにもなり、20キロの米の花輪500個分に相当する。これは児童8万2,000人が1食を食べることのできる驚くべき量だ。

今回の米の花輪の応援には、韓国をはじめ米国、英国、日本、中国、ペルー、エクアドル、ロシア、フランス、メキシコ、プエルトリコ、インドネシア、チリ、フィリピンなど14カ国から数千人のファンが参加した。

米の花輪はG-DRAGONが指定した欠食児童や一人暮らしのお年寄りなど恵まれない人々に愛の米として寄付される予定だ。

一方、今回のG-DRAGONのワールドツアーは2009年以降、4年ぶりに行われる単独コンサート。クリエイティブ・ディレクターにステイシー・ウォーカー、舞台デザインにはマイケル・ジャクソンのツアーで舞台デザインを担当したマイケル・コットンが参加している。

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 04月 03日 15:52