[芸能] パク・シフ検察送致、西部警察署掲示板、不満爆発 『信頼を失った』

芸能人志望生を性的暴行した容疑で俳優パク・シフに対するソウル西部警察署が起訴意見で検察に送致したニュースが伝えられると、捜査機関に対する大衆の非難が爆発している。

2日、西部警察署はeNEWSとの電話取材で「当事者陳述、閉鎖回路TV映像、カカオトーク内容、国立科学捜査研究院の鑑定結果などを総合し、パク・シフを準強姦・強姦致傷容疑により起訴意見で検察に送致した」と明らかにした。

このような捜査結果に世論は到底納得できない結果だと反発している。特に西部警察署の掲示板には中立的な立場から捜査を行ったのかどうかについて疑問を提起し、納得できない結果だと強調している。

あるネットユーザーは「国民の1人として理解できるよう公正に説明してくれれば認められるのではないか」「50年近く生きてきて警察を不信に思うのは初めてだ。十分に納得できるよう説明するべきだ」と声を荒げた。

また他のネットユーザーは「事件担当課長に問う」「被害者の陳述だけに依存し、準強姦罪を適用したのではないのか」と納得するには無理があるという立場を見せた。

これ以外にも多数のネットユーザーたちは「常識的にすべてのことが解決されることを切に望む」「公正捜査を要請する」「パク・シフを墜落させようとする他の理由があるのか?真実が何かを明らかにせよ」などのコメントで意見を見せた。

写真=ホ・ジョンミン記者

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 04月 02日 16:13