[映画] キム・ヒエ、20年ぶりにスクリーンカムバック

女優キム・ヒエが20年ぶりにスクリーンにカムバックする。

映画関係者たちによれば、キム・ヒエは6月から撮影が始まる映画『優雅な嘘(仮題)』の主役を演じる。JTBCの水・木曜ミニシリーズ『妻の資格』、SBS(ソウル放送)『マイダス』などのドラマで着実に活動してきたが、映画出演は1993年作の『101回目のプロポーズ』以降20年ぶりだ。

『優雅な嘘』はキム・ニョリョン作家の同名小説が原作の作品。14歳の少女の突然の自殺以後、残された母と姉が体験する話を描く。社会的なイシューになるほどの内容を扱っているものの、愉快なトーンで演出する面白みをプラスするというのが製作会社側の企画意図だ。

『優雅な嘘』の演出は、2011年に上映して500万人の観客を集めた『ワンドゥギ』のイ・ハン監督が手がける。6月初めから撮影がスタートする。

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 04月 01日 13:51