[ドラマ] チョ・インソン-ソン・へギョ、最後の撮影シーンを取り終え“熱い涙”

俳優のチョ・インソンと女優のソン・へギョが、ドラマの最後の撮影で目頭を熱くした。

SBS(ソウル放送)の水木ドラマ『その冬、風が吹く』は、先月31日に慶尚南道鎮海(キョンサンナムド・チンへ)で桜を背景にした最後の撮影が行われた。

昨年11月に撮影を開始してから約5カ月ぶり。撮影が終わった直後、主演のチョ・インソンとソン・へギョをはじめ、演出を手がけたキム・ギュテ監督らも熱い涙を流した。誰よりも“熱い冬”を送った出演陣と制作陣は誰ともなく涙を流して互いを励ました。

制作関係者は「出口のないトンネルのような撮影がついに終わった。最後の『カット』の声に制作陣からは管制が上がったが、最後までオスとオヨンの感情を保ち続けたチョ・インソンとソン・へギョは流れる涙をとめることができないようだった。その姿を見た別の出演者や制作者も無事に決勝テープを切った感激を満喫した」と伝えた。

続いて「最終回を4日後に控え、すべての撮影が終了した。出演陣は休息をとり、4月3日に放送される最終回を待つ。制作陣は有終の美を飾るべく最後の仕上げ作業に突入する予定だ」と伝えた。

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 04月 01日 11:55