[K-POP] f(x)、米国コメディーサイトでアンナ・ケンドリックとコメディ-ドラマ熱演

f(x)が韓国アーティスト初で米国の有名コメディーサイト『FUNNY OR DIE』に出演した。

『FUNNY OR DIE』(www.funnyordie.com)は3月28日午後6時(韓国時間基準)、f(x)とハリウッド俳優アンナ・ケンドリックが出演しコメディードラマを公開し話題を集める予定だ。

『FUNNY OR DIE』はハリウッドスター ウィル・フェレルと米国大型エージェンシーCAAが設立、音楽、ユーモアなどエンターテインメント分野の映像制作、上映などの米国の有名コメディーサイト。2007年4月オープン後、毎月6,000万ビューを記録するほど熱い反応を得いてる。各種授賞経歴とあわせ、公式Twitterフォロワ-5,600万名(米国コメディー部門1位)、フェイスブック200万名などオンラインで最強の影響力を持つ、コメディーが好きな人たちがよく訪れるところだ。

今までジャスティン・ビーバー、ヒラリー・ダフ、ナタリー・ポートマン、アン・ハサウェイなど世界的な人気アーティストはもちろん、ビル・クリントン前大統領、ラリー・キングCNNキャスター、テニス選手のジョン・マッケンローなど有名人たちが大挙出演し話題を集めており、f(x)は韓国アーティスト初で名前を載せ、グローバルな関心を再度確認させた。

『FUNNY OR DIE』制作陣は「米国でK-POPに対する関心が高まっているため、韓国歌手と米国有名芸能人のコラボレーションを企画し、最初の主人公にf(x)を選んだ。f(x)のためにコンテ作業と撮影準備に心血を注いだ」と話した。

f(x)と一緒に撮影したアンナ・ケンドリックは映画『Up in the Air』でアカデミー、TONY、BAFTA、ゴールデングローブなど各種授賞式の候補に挙がり、映画『トワイライト』シリーズでもよく知られている。最近映画『Pitch Perfect』の主役を演じ、ハリウッドの新たなスターに浮上している。東西洋の2組のスターが出会い、どんな話を披露するのか期待感を増幅させている。

またf(x)は12日、米国テキサス州オースティンで開かれた北米最大の音楽フェスティバルSXSWにアイドルグループ初でラブコールを受け、ショーケースに参加、現地音楽ファンたちはもちろん、業界関係者、マスコミの熱い関心を得て、成功裏に公演を終え、今後の歩みが注目される。

f(x)はニューアルバムの準備中だ。

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 03月 28日 15:38