[K-POP] キム・ヨンジャ「日本で30年間で1000億ウォン稼いだ」

“演歌の女王”キム・ヨンジャの日本での収入は驚嘆に値する。

キム・ヨンジャは27日放送されるチェンネルAの芸能番組『憤怒王』に出演し「日本での30年間で1000億ウォン(約85億円)稼いだ」と話した。

1988年のソウルオリンピック当時に発表した『朝の国から』が、日本で爆発的な人気を集めてヒットして以降、“演歌の女王”という修飾語がついた。韓国国内よりも日本でさらに有名なキム・ヨンジャは、30年余りで稼いだ収益もやはり莫大だった。彼女は「1000億ウォンを儲けた。ところが私に今後入ってくるお金は全然なくて、離婚と共に帰国し、韓国で手ぶらで始めることになった」と伝えた。日本で活動していた当時に仕事をした人はほかでもない前夫。前夫がキム・ヨンジャの所属事務所代表でありマネジャーであり、財布のひももやはり前夫が握っていた。

キム・ヨンジャは「30年余りでたくさんのお金を稼いだが、私のこれからはお金がまったくない」として「離婚当時、夫は一銭もない。慰謝料はもちろん財産分与も受けることができず手ぶらで帰国した」と打ち明けた。

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 03月 27日 18:24