[ドラマ] ソン・スンホン「チェ・ジョンアンは私の演技人生で初の恋人」

俳優のソン・スンホンが女優チェ・ジョンアンとの特別な縁を公開した。

ソン・スンホンは27日ソウル永登浦区汝矣島(ヨンドゥンポグ・ヨイド)の63ビルで開かれたMBC(文化放送)の新しい水木ドラマ『男が愛するとき(原題)』の制作発表会で「チェ・ジョンアンとまた共演できて感慨ひとしお」と口火を切った。

「チェ・ジョンアンは私の俳優人生における初めての恋人役だった。2人ともMBCのシットコム『男女6人恋物語』を通じてデビューした」と話したソン・スンホンは「当時も劇中で恋人関係だったが、12年が過ぎた今、正統メロドラマで再会することになった」と話した。

ソン・スンホンはもう一人の相手役である女優シン・セギョンについては「今回初めて共演することになった。年齢のわりに成熟した演技を見せている」とし「逆に私のほうが彼女からたくさん学んでいるくらいだ。これからたくさんのことを見せてくれるものと期待している」と賛辞を送った。

『男が愛するとき』は人生のある瞬間、燃え上がるような激しい情熱に駆られた男女の愛を描いた正統メロドラマだ。ソン・スンホン、シン・セギョン、ヨン・ウジン、チェ・ジョンアンらが出演している。『赤道の男』『太陽の女』を執筆した脚本家のキム・イニョン氏と『アラン使道伝』『私の心が聞こえる?』などのキム・サンホPDが手を組んだ。ドラマ『7級公務員』の後続として4月3日に初放送。

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 03月 27日 16:42