[ドラマ] 『九家の書』イ・スンギ-スジ、遂に初対面!...目の保養『カンダムカップル』予告

イ・スンギとスジが初対面を通して新たなカップルの誕生を予告した。

イ・スンギとスジはMBC新月火特別企画ドラマ『九家の書(原題)』でそれぞれ遠慮のない無鉄砲な性格の半人半獣チェ・ガンチ役と、優れた武芸を持つ無形刀館の教官タム・ヨウル役を演じ共演している。

『国民の初恋』と『国民のイケメン』の初共演に関心が注がれるなか、彼らが微妙な雰囲気の中で初対面を迎えるシーンの写真が公開された。

27日、ドラマ制作会社が公開した写真には倒れているイ・スンギをぼんやりと見つめるスジの姿と、初め会ったスジに警戒心を見せるイ・スンギの姿が写っていた。2人の間のほのかな雰囲気で彼らが見せるラブラインに期待が注がれる。

イ・スンギとスジの初対面は24日、京畿道竜仁(キョンギドヨンイン)のセットで撮影が行われた。撮影現場では末っ子のスジが先輩イ・スンギを始め、スタッフたちひとりひとりに丁寧に挨拶をしながら登場し、イ・スンギもまた明るい笑顔でスジを迎え、撮影が始まった。

撮影前一緒に台本を読み、感情移入した2人は初撮影にも関わらず幻想的な呼吸を見せ、撮影現場を熱くした。明朗で明るい性格のイ・スンギとスジはカメラのランプが消えると華やかな笑いを爆発させ和気あいあいとした雰囲気だったとの話だ。


シン・ウチョルPDはスジに「愛する人をぼんやり見つめる感じを持たなきゃだめだ」と注文し、すぐにスジは切ない感情を込めた瞳でこれを表現した。イ・スンギはその時々に合わせ、様々な表情の演技を繰り広げ撮影現場を笑いの渦にした。

制作会社パク・テヨン制作総括PDは「イ・スンギとスジの撮影シーンを見ていると『善男善女』という言葉が無意味なほど本当にお似合いだ」「2人とも初めての時代劇とアクションに挑戦しているが、最高の作品を完成させるため孤軍奮闘している」と話した。

『九家の書』は半人半獣に生まれたチェ・ガンチが人間になるために繰り広げる武狭活劇で4月8日午後9時55分スタートだ。

写真提供=サンファネットワーク

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 03月 27日 15:06