[映画] 『ランニングマン』イ・ミンホ、「シン・ハギュンは友人、ソン・ガンホは父さんみたい~」

「シン・ハギュンは友人、ソン・ガンホはお父さんみたい~」

俳優イ・ミンホが忠武路(チュンムロ)代表俳優で親友のシン・ハギュンとソン・ガンホ、二人の俳優と共演した感想を伝えた。

イ・ミンホは26日午後、ソウル往十里(ワンシムリ)CGVで開かれた映画『ランニングマン(原題)』のメディア試写会および記者歓談会で「『ハウリング』でソン・ガンホと『ランニングマン』でシン・ハギュンと父子として共演したがどう違った?」との質問を受けた。

これにイ・ミンホは「ソン・ガンホ先輩はちょっとお会いしたが優しさが感じられた。殴るシーンがあったが抱きしめてもくれて温かい感じがした」「シン・ハギュン先輩は友人みたいな感じだったし、とても気持ちが楽だった」と比較した。

イ・ミンホは『ランニングマン』で父チャ・ジョンウ(シン・ハギュン)の濡れ衣を晴らすため孤軍奮闘する息子チャ・ギヒョク役を演じ、子役イメージから脱皮する予定だ。

イ・ミンホの発言に対してシン・ハギュンは「映画の中で優しくしてやるシーンがなかった」「よくしてあげられる温かい父親も出来るのに、次に父親役をやるならよくしてあげる」と話し笑いを誘った。

『ランニングマン』は都心の真ん中で起きた殺人事件を目撃したある男が濡れ衣を着せられ、一瞬で全国民が注目する容疑者になり、全てに追われることになりながら繰り広げられるストーリーを描いたアクション物だ。来月4日封切。

写真=キム・ビョングァン記者

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 03月 26日 17:56