[芸能] “論文盗作”キム・ミギョンは降板、キム・ヘスは降板せず

修士論文盗作疑惑が浮上した“スター講師”キム・ミギョンと女優キム・ヘスがお互い異なる選択をした。

キム・ミギョンは22日、修士論文盗作疑惑に関し、「論文全体が寄せ集めという朝鮮日報の主張に決して同意するわけではない。しかし明らかに手落ちがあり、釈明する過程で大学院と卒業生、在学生を深く傷つけた」とし、出演中のケーブルチャンネルtvN番組『キム・ミビョン・ショー』から降板する考えを明らかにした。

一方、23日に修士論文盗作疑惑が浮上したキム・ヘスはキム・ミギョンと違う選択をした。キム・ヘスは「盗作の事実は認める。申し訳ない」と謝罪したが、来月1日から放送されるKBS(韓国放送公社)第2テレビの新ドラマ『職場の神(原題)』の撮影は続けると明らかにした。所属事務所側は「ドラマチームに理解を求めて謝罪した。ドラマを降板せず、撮影を続けることにした」とし「現在もドラマ撮影中」と伝えた。

一方、キム・ヘスと同じ日、コメディアンのキム・ミファも修士論文盗作疑惑が浮上した。しかしキム・ミファは盗作事実を認めていないという。現在、キム・ミファは携帯電話の電源を切った状態だ。

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 03月 23日 13:39