[映画] ウォンビン-チョン・ウソン-チョン・ドフン最高のアクションキャラクターに

『アジョシ』のウォンビン、『ビート』のチョン・ウソン、『相棒(原題)』のチョン・ドフンがネットユーザーたちと専門審査委員たちが選ぶ歴代映画、最高のアクションキャラクターとして選ばれた。

4月11日封切予定の映画『伝説の拳(原題)』は『伝説の拳100アワード』というタイトルで、2月7日から17日まで6週間ポータルサイトダウムで歴代韓国映画の中で印象深かったアクションキャラクターを選ぶアンケート調査を行った。

『伝説の拳100アワード』は1990年から2012年までに封切られた韓国映画のなかのメインアクションキャラクターから錚々たる100人を候補に選定、100%ネットユーザー投票を通じて20人の本選候補に絞られた。そして専門審査委員3人の審査の結果とネットユーザーたちの投票を加えた2次投票を通じて歴代最高のアクションキャラクターTOP3を選定した。

その結果『アジョシ』でチャ・テシク役を演じたウォンビン、『ビート』でミン役を演じチョン・ウソン、『相棒』でチョン・テスを演じたチョン・ドフンが歴代最高のアクションキャラクター1、2、3位に選らばれた。

1位になったウォンビンは錚々たる候補の中でも圧倒的な投票率を記録し、1位に選定された。ネットユーザー調査でウォンビンは28.6%の推薦比率を見せ、2位のチョン・ウソンは3.7%、3位のチョン・ドフンは3%だ。

映画『伝説の拳』は学生時代各地域を牛耳っていた伝説のファイターが全国的に話題を集めているリアルTVショーを通じて時間が経った後、再び最高を争う内容のヒューマンアクション映画だ。

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 03月 22日 18:19