[芸能] 西部署刑事課長『パク・シフ起訴意見送致の計画はない』

性的暴力容疑を受けているパク・シフの事件を担当するソウル西部警察署が、起訴意見で検察に送致するという報道を全面否定した。

22日午後、西部署刑事課長はeNEWとの電話取材に「パク・シフを起訴意見で検察に送致する計画はない」「まだ決定された事は何もなく、パク・シフ側で意見書を送って来たら検討し、捜査に反映させる」と明かした。

この前にこの日の午後あるメディアは西部署関係者の話として「警察がパク・シフを起訴意見で検察に送致する」と報道した。

これと関連しパク・シフの法務代理人を担当するプルメ側関係者は「22日午後人づてにAさんと関連した意見書を送った」「その中にはパク・シフの無罪を証明するだけの確実な証拠がある。警察の捜査結果が出る前に無分別な報道でパク・シフの名誉が棄損され残念だ」と不満を表した。

パク・シフは先月14日午後11時頃ソウル江南区(カンナムク)清潭洞(チョンダムドン)の飲み屋で後輩Kさんの紹介で知り合ったAさんに性的暴行を加えた容疑を受けている。

写真=eNEWS DB

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 03月 22日 18:18