[ドラマ] 『九家の書』スジ、武術衣装来て、髷を結う?『男装もラブリーだ』

MBC新月火ドラマ『九家の書(原題)』で、スジが短いがインパクトのある真剣武術演技を繰り広げた。

スジは『馬医(原題)』後続として4月8日初放送を迎える『九家の書』で、秀でた武芸と弓術の実力を持った無形刀館の教官タン・ヨウル役を演じる。デビュー後初の時代劇に挑戦するスジは、どんな男よりも大らかでさっぱりとしたクールな性格の武芸教官の姿を完璧に描き出す予定だ。

18日に公開された『九家の書』ティーザーでスジは個性溢れるタン・ヨウルの姿をそのまま見せた。ひとつに束ね上げたヘアスタイルと青の武芸服を着、真剣で一回転して切る姿勢を決めているスジの姿勢が視線をさらっている。『パーフェクトビジュアル』でタム・ヨウル役と200%シンクロ率を見せているとの反応だ。

スジは顔いっぱいにすがすがしい笑みを浮かべたまま真剣武術演技を見せ、ラブリーながらもカリスマ溢れる反対の魅力を同時に披露した。『国民の初恋』スジが描きだす秀でた武芸と弓術の所有者タム・ヨウルはどんな姿なのか成り行きが注目されている。

ティーザー映像が掲示された『九家の書』ホームページにはタム・ヨウルとして変身したスジを応援するネットユーザーたちの感想が溢れ返った。ネットユーザーたちは『タム・ヨウル=スジ、スジ=タム・ヨウル! どうしたら姿もイメージもこんなに似合うのか? スジの変身に期待する!」「4月8日待ってます」などの反応を見せオンラインを熱くしている。

制作会社パク・テヨン制作総括PDは「スジは男よりもっとクールで武術に秀でたタム・ヨウル役に適役だと思った。デビュー後初時代劇演技と武術演技に挑戦するスジの新たな変身を期待して下さい」と伝えた。

『九家の書』は半人半獣として生まれたチェ・ガンチが人間になるために繰り広げるスペクタクルで軽快な武狭活劇。人にはなれないが、その誰よりもっと人間的な人生を生きるため孤軍奮闘する半人半獣チェ・ガンチの人間になるための過程を通じて、人間の意味に対して振り返る。『製パン王キム・タック』『栄光のジェイン』で真実味ある脚本を披露してきたカン・ウンギョン作家と『シークレットガーデン』『紳士の品格』を通じてセンス溢れる演出を繰り広げたシン・ウチョルPDが初めてタッグを組み話題を呼び起こしている。

写真=ティーザー映像キャプチャー

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 03月 21日 15:33