[ドラマ] 『九家の書』スジ、武芸映像公開...『ラブリーカリスマ』とはこういうこと!

『国民の初恋』スジが熱い真剣武芸演技を繰り広げ、反対の魅力を見せている。

スジは『馬医(原題)』の後続として放送されるMBC新月火特別企画ドラマ『九家の書(原題)』で優れた武芸と弓術を持つ無形刀館の教官タム・ヨウル役を演じる。

デビュー後初めて時代劇に挑戦するスジは寛容でさっぱりとしたクールな性格で武芸教官の姿を完璧に描き出す予定だ。

放送を前に18日公開されたティーザー映像はこのような期待を更に高調させた。

ティーザー映像でスジは髪を一つに結ったヘアスタイルと青の武術衣装を着て個性溢れるタム・ヨウルの姿を見せた。特に顔いっぱいに晴れやかな笑顔を浮かべ、真剣武芸演技を披露しているスジの魅力が目を引く。

ティーザー映像が掲載された『九家の書』ホームページにはタム・ヨウルに変身したスジに対する期待と応援が相次いだ。

ネットユーザーたちは「タム・ヨウル=スジ、スジ=タム・ヨウル! どうしたらイメージも姿もこんなに似合うのか?スジの変身を期待する!」「スジが本当に可愛いくて、アクションする姿もカッコいい!」「スジの映像もっと長くして」などの反応が続いた。

『九家の書』の制作会社パク・テヨン制作総監PDは「スジは男性よりもっとクールな武術に秀でたタム・ヨウル役に適役」と称賛し、「デビュー後初の時代劇演技と武術演技に挑戦するスジの新たな変身を期待して下さい」と伝えた。

『九家の書』は半人半獣として生まれたチェ・ガンチが人間になるために巻き起こ武狭活劇で4月8日初放送だ。

写真=ティーザー映像キャプチャー

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 03月 21日 14:25