[芸能] 少女時代テヨン、Kリーガーが選ぶ“理想の女性”第1位に

人気ガールズグループ少女時代のリーダー、テヨンがKリーガーの選ぶ理想の女性第1位に選ばれた。

最近発行された2013年Kリーグ公式ガイドブック『ビューティフルKリーグ』が、プロ1部リーグのKリーグクラシック14クラブの所属選手510人とプロ2部リーグのKリーグチャレンジ8クラブの所属選手245人の合計755人に理想の女性を尋ねた結果だ。755人中540人(回答率71%)が質問に答えた同アンケートの集計結果で、テヨンが最も多い得票率を記録して“理想の女性”第1位に選ばれた。テヨンは浦項(ポハン)スチロースのコ・ムヨル(24)をはじめとする20代前半~中盤選手から絶大な支持を得た。2位には女優のキム・テヒ、3位にはキム・サランがそれぞれ入った。また別のガールズグループのmiss A(ミスエイ)のスジは女優イ・ミンジョンと共同4位に入った。女優のハン・ヒョジュとコ・ジュニ、ムン・チェウォンらはそのあとに続いている。

そうそうたるライバルをおさえて“ミスKリーガー”に選ばれたテヨンは「信じられない。とても嬉しい」と感想を伝えた。「たまにサッカーゲーム『ウイニングイレブン』を楽しんでいる」と明かしたテヨンのインタビュー全文および選手別の理想のタイプは同ガイドブックで詳しく紹介されている。
一方、妻帯者の選手のほとんどは「妻」という返事で質問を避けた。仁川(インチョン)ユナイテッドのキム・ナミル(37)が代表的な例だ。彼は理想の女性に妻であるKBS(韓国放送公社)アナウンサーのキム・ボミンを挙げた。警察サッカーチームのチョン・チョグク(30)も妻の女優キム・ソンウンを挙げた。彼ら以外にも18人のKリーガーが妻あるいは恋人の名を挙げている。

最近自伝を出して“妻自慢”一色の李東国(イ・ドングク、34、全北)は“意外な回答”として、ベテラン女優のコ・ドゥシムを選んだ。水原サムスンの鄭大世(チョン・テセ、30)は女優ソン・ジヒョとと少女時代ユリを同時に選んだ。新人王候補に浮上した仁川ユナイテッドのイ・ソクヒョン(24)の選択は女優のソ・イヒョン、「現代オイルバンクKリーグチャレンジ1ラウンド」ベスト11に入ったFC安養(アニャン)のカ・ソルヒョン(23)はコメディエンヌのシン・ボンソンを挙げて目を引いた。

また、面白い回答も見られた。大邱(テグ)FCの守備手イ・ジュニは近所の8等身の年上女性と答えて好奇心を刺激している。釜山アイパークのGKイ・チャングン(21)も清純な女性と回答した。外国人としては、米国女優のジェシカ・アルバ、アマンダ・セイフライド、ミランダ・カーらの名前が挙がった。

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 03月 20日 18:08