[映画] 『G.I.ジョー2』イ・ビョンホン、豪シドニーに続き英国でも熱狂的歓迎

ハリウッド映画『G.I.ジョー2リベンジ』のワールドプレミアを行っているイ・ビョンホンが、オーストラリアに続いて英国でも熱狂的な歓迎を受けた。

イ・ビョンホンは18日、英国ロンドンで行われた『G.I.ジョー2リベンジ』のワールドプレミアイベントで、BBCなど英国を代表するメディアからインタビューを受けるなど多忙なスケジュールをこなした。同日午前だけでも5カ国から集まった30あまりのメディアとのインタビューを消化したという。MTVの記者は「映画を見て、イ・ビョンホンの演技に惚れた。インタビューをしている間、イ・ビョンホンのセンスと英語能力に感嘆した」と賞賛を惜しまなかった。

インタビューを終えたあと、イ・ビョンホンはインペリアル・レスター・スクエアに場所を移し、チャニング・テイタムやレイ・スティーブンスらとともにレッドカーペット行事に参加した。降りしきる雨の中、多くのファンや取材陣が詰め掛け、映画や出演陣への高い関心を感じさせた。

なかでもイ・ビョンホンは、レッドカーペットの両サイドにずらりと並んだ取材陣とのインタビューを行った後も一緒に写真を撮るなどして限られた時間を楽しんでいるようだった。ファンもイ・ビョンホンの劇中のキャラクターであるストーム・シャドウについての紹介が始まると「イ・ビョンホン!」と声を上げ、歓呼と拍手を送った。

一方、イ・ビョンホンは映画『G.I.ジョー2リベンジ』のソウルプレミアを皮切りにワールドツアーの幕を開けた。オーストラリアのシドニーと今回の英国ロンドンを経て、米国ロサンゼルスで有終の美を飾る予定だ。

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 03月 19日 14:48