[K-POP] 『15周年』SHINHWA、なぜ最長寿アイドルなのかに正解発表

1998年3月24日、デビューして今年で15周年を迎えるグループ、SHINHWA(シンファ)がどうやって最長寿アイドルになったのか、その答えを体で証明した。

SHINHWAは16日と17日両日、ソウルオリンピック公園内体操競技場で『2013 SHINHWA 15th Anniversary Concert-The Regend Continued』というタイトルで公演を行い、全2万5,000名の観客を動員するのに成功した。

今回の公演はデビューしてからただの一度もメンバー交代なく、15年間共にしてきた国内最長寿グループになったSHINHWAの全てで満たされたコンサートだ。1stアルバムから10thアルバムまでを発売し、15年間ファンたちに愛されてきた曲が披露される今回のステージはSHINHWAの15年間の歩みを振り返る場所だ。

3rdアルバムタイトル曲『Only One』で幕を開けたSHINHWAは続けて2006年発売した8thアルバム収録曲『Your Man』を披露し、客席を埋め尽くしたファンたちの目を耳を奪った。

2曲を情熱的に歌いきったSHINHWAのアンディは「始まりだから思い切り楽しんで」と話し、ヘソンも「15年という長い時間、一緒にいてくれてありがとう。意味深い幸せな場所」「何よりもぎっしりと会場を埋めてくれて心から感謝します」と挨拶した。チョンジンは「たくさん来てくれてありがとう。始まったばかりだからステージを楽しんでね」と感謝の挨拶をし、エリックは「今日のコンサートをもっと盛り上げて楽しいコンサートにします」と話した。

ミヌは「今日がまさに神話創造の記念日」「今日はファンの皆さんが主人公だから思い切り弾けてくれ」と話した。特に彼はもともと『Only One』ステージの時に上着を脱ぐのだが、今日はそうはしなかった。5年後の20周年公演の時脱ぐよと公約し、ファンたちの熱狂的な歓声を引き出した。

SHINHWAメンバーたちの格別な覚悟のためか公演は始まりから熱く盛り上がった。2曲の後に続けて『Hey Come On』『You are my everything』『How to I say』『Be my love』『T.O.P』『Venus』など過去15年間愛されてきた曲を披露し、熱気は更に盛り上がった。

観客たちの反応もまた熱烈だった。会場を埋め尽くしたファンたちは始まりからSHINHWAを連呼し、デビューして15年になるグループとは信じられないほど多様な年齢層の観客が客席を埋め、アイドルグループとして新たな歴史を書き換えているSHINHWAの底力を確認させた。

SHINHWAは今回のソウルコンサートを皮切りに4月末には11th正規アルバムを出し、6月からは日本、台湾でのアジアツアーに入る。何よりもソウルで始まったアジアツアーのフィナーレをソウルで行う予定だと明かし、今年1年、素晴らしい活躍を披露してくれるSHINHWAへの期待を一層引き上げた。

SHINHWAの今回のコンサートを観るためにアジア各国から4,000名あまりの観客が入国する姿が関心を呼んだ。

写真=キム・ビョングァン記者

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 03月 18日 13:56