[K-POP] GUMMY、日本新曲はBIBGANGのD-LITEとコラボレーション

歌手GUMMY(コミ)が日本でBIGBANG(ビックバン)D-LITE(ディライト)とコラボレーションした新曲を披露する。

4月3日、日本で2ndミニアルバム『FATE(s)』を発売するGUMMYは同じ所属事務所の後輩、D-LITEと新曲『親愛なる君へ』で共演する。

長い間先輩後輩の関係で過ごしてきたD-LITEが正式に一緒に歌う曲をアルバムに収録するのは今回が初めてだ。

『親愛なる君へ』はGUMMYがこの曲はD-LITEがフィーチャリングしてくれたら嬉しいと明かした曲で、心温まるメロディーが特徴だ。

GUMMYは初めて日本でアルバム制作を行い、総プロデューサーは安室奈美恵、JUJUなど日本の人気歌手たちのプロデュースを務めたジェフ・ミヤハラが担当した。

特にジェフ・ミヤハラは「GUMMYの声を聞いた瞬間、恋に落ちたようだった」「圧倒的な表現力と繊細さ、美しいボーカルは様々な人生と愛を思い出させる」と絶賛した。

GUMMYの日本ニューアルバムのタイトル『FATE(s)』は運命を受け入れ、愛の中で生きていく人々という意味を込めている。

今年でデビュー10周年を迎えるGUMMYはSBS水木ドラマ『その冬、風が吹く』のOST『雪の華』で音源チャート1位を記録している。

写真=YGエンターテインメント提供

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 03月 14日 14:07