[芸能] SJキュヒョン「SMより小さい会社がうらやましい時がある」なぜ?

SUPER JUNIOR(スーパージュニア)キュヒョンが自分の所属するSMより小さい規模の事務所が羨ましいと打ち明けた。

13日放送のMBC『黄金漁場-ラジオスター』には、1990年代を風靡した第1世代アイドルgod(ジーオーディー)デニー・アン、NRG(エヌアールジー)チョン・ミョンフン、ジェスクキスのキム・ジェドク、チャン・スウォン、H.O.T.(エイチオーティー)イ・ジェウォン出演の2回目を放送した。

この日イ・ジェウォンは「過去活動当時他の会社が羨ましくなかったか?」との質問に「その時はなかった。今のSMが羨ましい。状況もすごく良くなったし」と羨ましがった。しかし現在SMに所属しているキュヒョンは「反対にSMより小さい規模の会社が羨ましい」と打ち明けた。

理由は「SMがバラエティー、演技、歌手、飲食業など領域を拡張して徐々に規模が大きくなると、反対にSUPER JUNIORに関心を持ってもらえなくなるか心配になる」と不安な内心を見せた。するとキム・ジェドクは「ずいぶん贅沢な事を言ってる」とチクリと釘を刺しながら「関心を持ってくれないからと寂しく思うのは今は分からなくても後には「会社から本当によくしてもらったな」と感じるはずだ」とアドバイスした。

この日の放送ではチャン・スウォンがジェクスキス活動当時女優Sと交際していたと公開し、「今ドラマ撮影をし、元気にしているようだ」と近況を公開し好奇心を誘った。

写真出所=MBC

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 03月 14日 14:05